日本の葬儀の作法: 通夜とお葬式の違い

日本のお葬式に招待された場合に備えて、関連するさまざまなイベントの簡単な説明と、イベントの前、最中、後でも重要な日本の葬儀のマナーを紹介致します。

 

日本の葬儀:通夜とお葬式の違い

通夜は、多くの西洋諸国の通夜式と非常によく似ており、家族、親戚、親しい友人が集まり、死者に別れを告げる時です。

この儀式では、遺族が集まり、故人の遺体と同じ場所で一定期間過ごします。

多くの場合、僧侶はいわゆる経典を唱え、家族や親戚は故人の遺体の前で香壷に香を捧げます。

近年、実際の葬儀に参列できない人が立ち寄って弔いをする風習が生まれています。

行う場合は必ず事前に遺族に確認してください。

通常、開始時間と終了時間が発表され、通常は午後 6 時または 7 時に始まり、1 ~ 2 時間続きます。

 

ごく親密な関係では、通夜とお葬式の両方に出席する人が多いですが、どちらか一方だけに出席する人も増えています。

地域によっては通夜に親族やごく親しい友人だけが参列することもあるので、通夜に参列できるかどうかは葬儀案内書や遺族に確認することをお勧めします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。